[聞く耳もたないロボット]アスペ夫に疲れた妻の人生を変えた言葉[カサンドラ症候群/破局/復縁/結婚]

[聞く耳もたないロボット]アスペ夫に疲れた妻の人生を変えた言葉[カサンドラ症候群/破局/復縁/結婚]

あすおです。ご視聴ありがとうございます。

今でこそ幸せに夫婦として暮らしているぼくらですが、結婚するまではいろいろありました。ほとんどがぼくの身勝手な行動が原因でしたが、あとから妻にインタビューしてみたところ、妻の思考法も「ある言葉」がきっかけで大きく変わったとのことでした。

今回の動画の台本は妻と一緒に作りました。フィリピン留学したときに
ぼくらは一度破局したのですが、当時妻はアスペルガーという言葉を知らず、ぼくの言動が理解できなくて、まるで宇宙人と会話しているような気分だったらしいです。そんな妻が絶望のどん底にいたとき、とある心理カウンセラーの一言で事態が好転し始めます。その一部始終を動画にしました。

ちなみに背景映像は、ナレーションとは一切関係のない「チキン南蛮を作って一緒に食べる動画」となっております。チキンを揚げるところまではよかったのですが、タルタルソースに玉ねぎを入れすぎたこととマヨネーズが足りなかったことにより、大変な失敗作となってしまいましたが、おいしくいただきました。冒頭でお米をこぼしていますが、ぼくはこういうミスは日常茶飯事です。

アスペルガー症候群のパートナーをもつ女性は、カサンドラ症候群(うつ病のような症状)になりやすいと言われています。おそらく妻も破局当時、カサンドラに近い状態までメンタルが落ち込んでいました。しかし、このカウンセラーの言葉が糸口となり、妻はおどろくべき「メンタルV字回復」を見せました。今ではぼくのどんなアスペ行動もさらりと受け流し、ぼくを手のひらで転がして余裕の表情です(笑)

ぼくのほうも、初めて家族以外の人に心の扉をひらき、受け入れることができました。この人なら中に入れても大丈夫、と思ったので、結婚して家族になることを決めたのです。誰かを心の奥底の部屋に招き入れることは怖いですが、妻が最初で最後の人間だと思います。そもそもアスペなぼくの心の奥底なんて、どんな怪物が潜んでいるかわからない真っ暗闇の洞窟。恐ろしくて誰も入り込もうとしません。インディ・ジョーンズばりの度胸をもった妻には恐れ入るばかりです(笑)

ドーラ「女は度胸だッ!お前たち援護しなッ!」を地で行くスタイル。

それではまた次の動画でお会いしましょう。

【あすおはこんな人】
ぼくは社会人になってからアスペルガー症候群&ADHDの診断を受けました。2013年3月に会社員を辞めてから7年間ずっと無職でした。

現在は大阪で妻と犬2匹と楽しく暮らしており、株トレードとUber Eats配達員をしています。

妻は外で働いているので家事全般はぼくがやっていますが、ぼくは細かい部分の掃除や整理整頓・収納などが苦手なので、そこは妻にやってもらっています。

高評価・コメント・チャンネル登録をいただけるととてもうれしいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

あすお

【連絡用メールアドレス】
asupeotto@gmail.com

★トレンド&芸能カテゴリの最新記事