在宅事件の警察の取り調べで注意すべき点【弁護士が解説】

在宅事件の警察の取り調べで注意すべき点【弁護士が解説】

在宅事件とは身柄拘束をしないまま捜査を行う事件のことです。

この動画では、在宅事件となった場合の起訴率や実名報道されるかどうか、また、警察の取り調べ(供述調書作成時など)における注意点を刑事事件に強い弁護士が解説します。

■目次
0:00 オープニング
0:10 在宅事件とは?
0:35 起訴される可能性は?
1:39 注意点① 供述調書を要チェック
2:36 注意点② 後日逮捕に注意
3:12 注意点③ 捜査が後回しになる可能性あり
3:43 注意点④ 取調べ対応は必須
4:09 不起訴を獲得するポイント

■この動画について解説した記事
在宅事件とは?【弁護士が解説】
⇒https://keiji.daylight-law.jp/plan/taihosaretakunai/qa8/

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・

弁護士法人デイライト法律事務所 弁護士阿部尚平。

刑事事件分野に注力し、刑事事件の相談件数は年間300件を超える。(2020年実績)

■デイライト法律事務所【刑事事件サイト】
⇒https://www.daylight-law.jp/criminal/

電話 0120-783-645(受付時間 24時間 土日祝も受付中!)
ご予約フォーム:https://www.daylight-law.jp/criminal/contact/
接見サポート:https://www.daylight-law.jp/criminal/plan/menkai/

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・

■チャンネル登録お願いします!
https://www.youtube.com/channel/UCp9GLMJMZFCcAfHsACHM0_w?sub_confirmation=1

■弁護士 阿部尚平の紹介プロフィール
https://www.daylight-law.jp/125/127019

#刑事 #弁護士 #身柄拘束 #在宅事件 #罪証隠滅 #逃亡 #捜査 #警察 #福岡

★トレンド&芸能カテゴリの最新記事