東広島市では山から道路側に土砂が流入 広島県一部地域に「緊急安全確保」発令

東広島市では山から道路側に土砂が流入 広島県一部地域に「緊急安全確保」発令

活発な梅雨前線の影響で、8日も中国地方を中心に記録的な大雨となり、広島県の一部地域に、警戒レベルが最も高い「緊急安全確保」が発令された。

8日午前11時すぎの東広島市の映像。

黒い土のうが積まれた上の、山側から水が流れ出て、少し山が崩れたような様子が見られる。

水の流れを追っていくと、道路側に土砂が流入していて、一部、道路を覆っている。

今後の雨の予想。

このあとも、中国地方は断続的に雨が降り、雨量が増えるおそれがあるほか、近畿や東海でも雨脚が強まるところがある。

夜には北陸や山陰を活発な雨雲が通過し、9日は九州で局地的に激しい雨が降り、大雨となる見込み。

9日朝までに予想される雨量は、いずれも多いところで、九州北部で150mm、中国地方で120mmなどとなっている。

九州北部では、10日にかけても大雨が続くおそれがある。

すでに大雨となっているところでは、土砂災害に厳重な警戒が必要。

今後、大雨が予想される地域では、自治体が発表する避難情報に注意するなど、危険が迫る前に身の安全を確保する必要がある。

(テレビ新広島)

チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

アプリで最新ニュースに簡単アクセス
https://yappli.plus/fnn-prime_flyer

★トレンド&芸能カテゴリの最新記事