闘莉王がJリーグ史上最強ブラジル人イレブンを選出してみたら、黄金の4バックが無敵過ぎた 「目がイってる」「自分が追い出された」

闘莉王がJリーグ史上最強ブラジル人イレブンを選出してみたら、黄金の4バックが無敵過ぎた 「目がイってる」「自分が追い出された」

闘莉王がサッカーを語るシリーズ。今回のテーマはJリーグの歴史を華麗に彩ってきたブラジル人選手の歴代ベストイレブンを選んでみました。

ブラジル出身の闘将が選んだシステムは、ブラジル代表定番の4-4-2。GKから選んでいきましたが、メンバーはサッカー史にその名を刻むレジェンド級ばかり。

「土下座男」「僕は押し潰された」「目がイっている」とパワーワードが飛び交います。話が盛り上がり過ぎて、前編は最終ラインでストップとなりますが、J黄金時代のブラジル人助っ人の記憶を改めて噛み締める回、是非お楽しみください!

聞き手・小杉舞(Football ZONE Web編集部)

Instagram
https://www.instagram.com/tuliotv04/

田中マルクス闘莉王 Tanaka Marcus Tulio

1981年4月24日、ブラジル・サンパウロ州生まれ。1998年に渋谷教育学園幕張高にサッカー留学するために来日。2001年にJ1サンフレッチェ広島でJリーグデビュー。浦和レッズ、名古屋グランパスでチーム初のリーグ優勝に貢献し、06年にはJリーグMVPに輝く。03年に日本国籍を取得し、04年アテネ五輪に出場。サッカー日本代表としては、10年W杯南アフリカ大会で日本の16強進出に貢献。2019年シーズンを最後に現役引退。Jリーグ通算529試合104得点。

#闘莉王 #日本代表 #レジェンド

★トレンド&芸能カテゴリの最新記事